カテゴリー別アーカイブ: 首都圏シンポジウム

東京シンポジウム2014を開催いたしました

5月10日(土)13時より、國學院大學渋谷キャンパス常磐松ホールにおきまして、東京シンポジウム2014を開催いたしました。ホールを埋め尽くすほどの大勢の方にお集まりいただき、震災・原発問題への関心の高さがうかがえました。
「あれから3年 震災・原発災害克服の途を探る」を主テーマに開催いたしましたこの度のシンポジウムでは、飯舘村綿津見神社の多田宏宮司の基調講演に始まり、飯舘村民からの現状報告や震災・原発災害をさまざまな側面から捉えた研究報告がありました。
総合討論では、フロアから多数のご発言、ご質問をいただき、時間を延長しての活発な討論となりました。改めましてお集まりいただきましたみなさまに厚く御礼申し上げます。
なお、当日の配付資料等につきましては、後日、本Websiteにて公開の予定でございます。

東京シンポジウム2014を開催いたします

飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA)では、来る5月10日(土)に東京シンポジウム2014「あれから3年 震災・原発災害克服の途を探る」を國學院大學渋谷キャンパスにおいて開催いたします。また、本シンポジウムとあわせて、飯舘村酪農家・長谷川健一写真展『飯舘村』も開催いたします。詳細は、東京シンポジウム2014のページをご覧ください。

皆様のご来場をお待ちしております。

※昨年11月に開催いたしました福島シンポジウム2013の提示資料の公開を開始いたしました。