福島シンポジウム2016を開催いたしました。

2016年2月27日(土)に福島県青少年会館におきまして、IISORAが主催する通算7回目となるシンポジウムを開催いたしました。当日は、シンポジウムに先立ち、豊田直巳監督の最新映画、『奪われた村~避難5年目の飯舘村民』の本邦初上映も行われました。

天候に恵まれたこともあり、午前の映画上映会から大勢の方にお集まりいただくことができ、最終的には会場を埋め尽くす約210名の方にご参加いただくことができました。どうもありがとうございました。飯舘村からも50名以上の方がご参加下さり、むらの復興のゆくえが村民のみなさまにとって、大変に切実な問題であることを改めて強く認識いたしました。

午後のシンポジウムは、「原発事故放射能大災害から5年 生活・コミュニティ再建と村(むら)の復興を語る」を総合テーマに、放射能汚染や健康被害、避難生活、賠償問題など、幅広い領域から、最新の研究や取り組みに基づいた発表が行われました。今回のシンポジウムは、話題提供の時間は必要最少限に留め、フロアからのご質問を可能な限りお受けする形式で実施いたしました。どの話題に対しても、多数のご質問、ご発言をいただくことができ、活発な議論を行うことができました。改めましてご参加くださいましたみなさまに厚く御礼申し上げます。

なお、当日の資料は、準備が整い次第、このWebsiteにて順次公開予定でございます。

福島シンポジウム2016の詳細が決定しました(第2報)

来る2月27日(土)に福島県青少年会館においてシンポジウム「原発事故放射能大災害から5年 生活・コミュニティ再建と村(むら)の復興を語る」を開催いたします。多くの方をお迎えして多様な話題提供をいただき、むらの復興について総合的な議論を行う予定です。詳細は、シンポジウムのページをご覧下さい。

また、当日は、シンポジウムに先立って、豊田直巳監督の映画、『奪われた村~避難5年目の飯舘村民』の上映(10:30~11:30)も行います。こちらもあわせてご覧下さい。

多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 

福島シンポジウムを開催いたします(第1報)

明けましておめでとうございます。本年もIISORAをよろしくお願いいたします。

さて、IISORAでは、来る2月27日(土)に福島県青少年会館に於いて、福島シンポジウムを開催いたします。プログラム等の詳細が決定いたしましたら、本Websiteにてご案内申しあげます。ご案内は、1月中旬頃を予定しております。

首都圏シンポジウムを開催いたしました

去る5月16日(土)午前11時より、日本大学湘南キャンパス(神奈川県藤沢市)におきまして、首都圏シンポジウム「あれから4年 震災・原発災害克服の途を探る」を開催いたしました。IISORAが主催する通算6回目のシンポジウムで、福島、東京以外で開催された初めてのシンポジウムとなりました。午前中は小雨が降るあいにくの天気でしたが、約250名の方々にお集まりいただくことができました。どうもありがとうございました。
今回のシンポジウムでは、震災・原発問題を「生物と人への影響」、「放射能被害の拡大と除染の限界」、「震災・原発災害の克服の途を探る」の3つの側面から捉え、それぞれの側面から、最新の研究・実践の報告がありました。シンポジウムでは、生活再建の問題、特に賠償問題に関して飯舘村民からの報告もありました。また、今回のシンポジウムでは、初めて震災・原発に関する研究・実践に関するポスターセッションを実施し、15件の報告がありました。
当日は、フロアからも多数のご発言、ご質問をいただき、盛会のうちに終えることができました。改めましてご参加くださいましたみなさまに厚く御礼申し上げます。
なお、当日の資料は、準備が整い次第、順次公開予定でございます。
当日の様子を撮影した写真を共同通信社堀誠様よりご提供いただきました。(クリックで拡大します。)

iisora2

第5部 総合討論の様子

iisoramatutake

飯舘村で収穫された松茸

iisora

シンポジウム参加者